2018年02月13日

移植手術のご報告と御礼

 皆様、いつも息子・康祐のことを温かく見守って下さり、多くのご支援を頂きましてありがとうございます。

 このたび、2月12日(日本時間)に、康祐は心臓移植手術を受けることができました。ドナーとして康祐に未来を繋いでくださった方のご冥福をお祈りするとともに、深い悲しみの中でご決断下さったご家族の方に心から感謝申し上げます。そして、ここまで来られましたのも支援して下さった皆様のおかげです。深く感謝を申し上げます。

 この世界のどこかに、康祐と同い年くらいの大人になれなかったお子さんとそのご家族がいらっしゃることを思うと胸が引き裂かれる思いです。長く待機しながらも、誰もが亡くなることなく大人になることができ、そして康祐には移植以外の治療法が見つかればいいのにと思いながら過ごしてきました。 でももしそれが両方とも叶わないなら、そのときはご縁がありますように、と願ってきました。こうしてご縁を頂けた今は、命を繋いで下さったドナーのお子さんとご家族への感謝の気持ちを忘れずに、康祐が大人になれるよう、ドナーの方の分まで幸せに歩んでいけるよう、しっかり支えて行きたいと思います。

 こうちゃんを救う会の皆様が2015年12月に募金活動を始めて下さってから、多くの皆様からいろいろな形でのご支援を頂きました。そして2016年5月に、皆様のご厚意により渡航が実現し、米国に滞在しての移植待機が始まりました。それから1年8か月あまりの長い待機になりました。その間も多くの皆様からの励ましを頂きました。本当にありがとうございました。

 待機しながらも段々と体調が悪化し、今年に入って入院しての待機に切り替わっていました。入院後に大きく体調を崩し、ペースメーカで事なきを得たこともありました。そんな矢先に、移植機会に巡り合うことができました。5時間半に及ぶ手術は終始順調に進み、手術後の状況も今までのところ安定しており、人工呼吸器も外すことができました。康祐の中でドナーの方から受け継いだ心臓がしっかり鼓動してくれています。康祐とずっと一緒にいてくれる新しいお友達です。これからまだまだ気の抜けない状況が続きますが、受け継いだ命を家族一丸となってしっかりと大切に守り抜いて参ります。

 あらためて、大きなご支援を下さり、康祐を見守って下さっているすべての皆様に心からお礼申し上げます。そしてドナーの方のご冥福を心からお祈り申し上げます。引き続き温かく見守って頂けたら幸いです。
posted by こうちゃんママ at 23:50| 日記