2018年01月30日

先週水曜日から入院しています

 皆様、いつもこうすけのことをご支援いただきありがとうございます。

 先週水曜日より、こうすけはロマリンダ大学病院に入院しています。だんだん病状が進んでいて、強心剤を点滴で投与した方がいいという先生のご判断により入院になりました。初日は、通常の点滴と、ピックラインという血管を通して直接カテーテルを心臓手前まで挿入して強心剤を送り届けるためのルートを確保する処置があり、続いて強心剤の投与が始まりました。久しぶりの入院で、慣れない場所での緊張や、処置のために6時間近く食事ができなかったこともあって、こうすけは疲れ果てていました。翌日も朝からペースメーカ検査があったのですが、前回検診時よりも、脈がとばないようにペースメーカが補助している率が大幅に上がっていました。やはり病状が進んでいるようです。3日目には私がトイレに行った一瞬の間に、看護士さんに囲まれて処置をされてしまい、私が戻った時にはひどく泣いていました。ピックラインのルートを分岐する処置だったのですが、こうすけは何をされるのか分からず、また針を刺されるのではないかと思ってしまったようです。こうすけは、分からないことをされるのをとても怖がるので、前もってよく説明してから処置をした方がスムーズに進むのですが、それがなかったために病院は怖い場所だからおうちに帰りたいと泣いてしまいました。それで、病棟のチャイルドライフスペシャリストの方にお願いして、処置するときに配慮して頂きたいことを担当スタッフの方々で共有して頂けるように頼みました。それでその後は、来て下さる方々がそのあたりに気をつけて下さるようになりました。おかげで、こうすけも恐怖がだいぶ和らいだようで、少しずつ笑顔が戻ってきて、今は最初の何日かに比べると病院でも落ち着いて過ごすようになってきました。
 これまで何とか体調を維持して自宅で待機を続けられるようにと努力してきましたが、入院になってしまいました。残念ですが、こうすけがなるべく元気で普通に病院でも過ごせるように支えたいと思います。

201801nyuin1.jpg

posted by こうちゃんママ at 11:43| 日記